トップページ >  悩み・目的別に選ぶ >  壮年性脱毛症

壮年性脱毛症にはどんな育毛剤が効果的?

壮年性脱毛症ってどんなもの?
壮年性脱毛症

壮年性脱毛症は、青年期から壮年期にかけて薄毛になる脱毛症です。 男性型脱毛症(AGA)の中で、壮年期の脱毛を特に壮年性脱毛症と呼んでいます。 年齢で言うと20~60歳ぐらいまでが壮年性脱毛症に分類されます。 60歳以上になると老人性脱毛症と分類されます。
壮年性脱毛症では男性型脱毛症と同じく、男性ホルモンの影響でヘアサイクル(成長期、退行期、休止期)の成長期が短くなります。 そのため、細い毛や成長し切らない毛が増え、薄毛が進行します。


男性ホルモンが影響すると言いましたが、詳しくは以下のようになります。
テストステロン(男性ホルモン)と5αリアクターゼ(還元酵素)が結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。 DHTは強力な男性ホルモンで薄毛の直接的な原因と言われています。
なので、壮年性脱毛症を防ぐにはDHTが生成されないことが大切。
5αリアクターゼを抑制することでDHTの生成を防ぐような育毛剤を選びます。


壮年性脱毛症になるのは、脂性の方や体毛が濃い方が多いと言われています。 頭皮が皮脂でギトギトしていたり、胸毛やヒゲが濃い場合は、壮年性脱毛症を疑ってみましょう。
壮年性脱毛症の対策は男性型脱毛症と同じです。 育毛剤の選び方も基本的には同じです。

壮年性脱毛症に おすすめ育毛剤ランキング

BUBKAのオウゴンエキスは5aリアクターゼの働きを抑制し、DHTの生成を防ぎ、脱毛の原因をブロックします!
また比較実験において、M-034を主成分とするBUBKA濃密エキスは、ミノキシジルと同程度の効果が認められました。 (ミノキシジルはアメリカが育毛・発毛効果を認可している医薬品。) ミノキシジルは効果があると言われていますが、副作用があるのがマイナスポイント。 ですが、ブブカなら無添加の医薬部外品なので副作用のリスクが低く、それでいて同程度の効果が期待されます。

有効成分が毛乳頭に届くと頭髪が育つことに着目した育毛剤。 有効成分が毛乳頭に届かなければ、頭皮に栄養を与えたり、刺激したりするだけでは育毛が難しいのはそのためです。 ポリピュアEXは、世界特許の「バイオポリリン酸」が有効成分をダイレクトに毛乳頭へ届け、抜毛を防止し、発毛を促進します。 肌に優しい医薬部外品なので安心です。

M-1育毛ミストは100%無添加。 世界初の分子ピーリングで毛穴をキレイにします。 そして、通常よりも非常に小さい低分子ペプチドで毛穴の奥の毛乳頭細胞に栄養を届けます。 さらに驚くことに、配合されている成分はたったの6種類! (化粧品の世界では常識なのですが、配合されている成分が多いと肌に負担がかかるとされています。 ) 今まで育毛剤を使って、頭皮が赤くなった・かゆみがあった・ひりひりしたという方に使ってほしい育毛剤です。

壮年性脱毛症に濃密育毛剤ブブカがおすすめNo.1の理由

壮年性脱毛症の改善には、男性ホルモンDHTの生成を防ぎ、頭皮の状態を良くし、毛乳頭に栄養を与えることが大切です。 DHTの生成を防ぐ薬で有名なのはミノキシジルですが、胸痛や動悸など副作用が報告されています(厚生労働省が注意喚起)。 さらに、使用をやめると生えた毛が抜けるので当サイトではおすすめしません。 (当サイトスタッフもミノキシジルを使ったのですが、頭皮がかぶれて赤くなり、使用をやめるように注意されたことがあります)
そこで当サイトのおすすめNo.1はブブカ。ミノキシジルと同等の効果が確認されていのに、副作用が少ない医薬部外品であるからです。
濃密育毛剤ブブカはこちら

育毛剤を選ぶポイント

男性型脱毛症
男性型脱毛症

男性の薄毛で最も多いのが男性型脱毛症です。男性ホルモンDHTが原因と言われています。男性型脱毛症の解消にはどんな方法があるのでしょうか?

詳細はコチラ
頭皮が弱い
頭皮が弱い

頭皮が弱い方は、育毛剤を使うときにも注意が必要。 肌に負担をかける育毛剤を使うと、炎症を起こしたり、赤くかぶれて痒くなったりし逆効果です。

詳細はコチラ
頭皮をケアする
頭皮ケア

育毛には頭皮の状態が重要。毛穴が汚れで詰まっていると抜け毛の原因となります。毛穴をキレイにしなければ、育毛効果も半減です。

詳細はコチラ